ナチュラルカラコンの王道ディファインの人気の秘密を教えます♡


カラコンを始めたいと思っても
何から始めればいいのか悩みますよね。

誰にも初めてはあるものです。

調べてみるとほとんどの人が
カラコンデビューを
ディファインからしてる人が多いです。

今回は
「ナチュラルの王道
ディファインの人気の秘密」
を紹介したいと思います。

きっかけはディファイン

img57149096

ディファインの特徴は
ほんのりフチに色づけられた
ナチュラルデザインです。

奇抜なカラコンだと
装着する自分が想像できなくて
抵抗ある人が多いようですが
これだけシンプルだと
一度つけてみようかな♪と思いやすいのです。

また眼科にも置いてるところが多く
日常生活で、目にする機会が
一番多いカラコンだと言えます。

そのため、おうちの方にも抵抗なく
ディファインを付けてみたい♪と
言いやすのです。

だからカラコンデビューのきっかけは
ディファイン率が高いのです!(*≧ω≦)b♪♪

カラコンなのに違和感なしのサイズ

100067650

瞳には可愛く見える
黄金比率というのがあります。

これは、白目と黒目の割合が
1:2:1の割合で瞳ができると
周りから好印象を持たれるという比率です。

日本人の瞳の割合は
1:1.5:1がほとんどなので
ほんの少し、黒目を大きくするイメージです!

平均の黒目が12.5mm前後と言われているので
着色直径が12.5mm-12.8mm
ディファインはかなり裸眼に近いので
ナチュラルだと言えます!

一般的にはバレないレベルのカラコンです!

という事は学校や職場など
場所問わず使えますね٩(๑•̀ω•́๑)۶

瞳に合わせるともっと自然♡

ディファインは3種類あります!

それぞれデザイン、色味が異なるので
自分にあったものを選ぶのがベストです。

という事で瞳別にまとめてみました。

check-t01黒フチがしっかりしている人
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
define1a_2

スマホで写メに撮ると
とっても分かりやすいよ٩( ᐛ )و

瞳の端にぼんやり黒フチがある人は
アクセントスタイルが合います!

着色直径が12.5mmと一番小さいですが
上記に記載した
「ほんの少し、黒目を大きくするイメージ」
まさにそのものです!
ぼんやりとした黒フチを、
くっきりさせる効果もあり
ナチュラルにくりっとした
瞳が出来上がります╭(๑•̀ㅂ•́)و

>>ディファイン・アクセントスタイル
の購入はこちら

check-t01色素が明るい人
eye
define1v_2

稀に見かける明るい茶色目さんは
ヴィヴィットスタイルが合います٩( ᐛ )و

着色直径が12.8mmと3種類の中で
一番大きめですが、
フチなしデザインでこのサイズだと
アクセントスタイルと
見た目の差がありません。
ナチュラルなサイズと
思って大丈夫です╭(๑•̀ㅂ•́)و

>>ディファイン・
ヴィヴィッドスタイルの購入はこちら

check-t01全体的にこげ茶の人
02015111
define1n_2

日本人の多くがこのタイプです。
こげ茶の人は、
ナチュラルシャインが合います!

他にはない、ほんのりブラウンと
うっすらグレーの
2種類がグラデーションしています。

こげ茶のように黒っぽい瞳には
スパイスをほんのり効かせたほうが
透明度が出てきます。

まさにこげ茶目向けの
デザインと思います!(*≧ω≦)b♪♪

>>ディファイン・
ナチュラルシャインの購入はこちら

まとめ

・ナチュラルの王道はディファイン
・よく目にするから信用度も高い
・はじめはほとんどディファインから
・瞳に合わせるとナチュカワ効果

いまカラコン業界では
メガ盛りやハーフなど様々なのが
ありますが、一番人気なのは
やっぱりナチュラルなカラコンです。

素と変わらないけど
少し可愛く見せる♡というのが
今どきなんですね(*≧ω≦)b♪♪


そのカラコン自分にあってる!?

カラコンはやめられないけど、学校や会社でカラコンをしているのはバレたくない。 

そんな人達に向けたコンテンツをまとめてみました。

黒系にあうカラコン 記事下
茶系にあうカラコン 記事下

ナチュラル特集 記事下

なりたい瞳で選びたい人はこちら


ハーフ特集 記事下


彼受け特集 記事下


高発色特集 記事下

最近よく売れているカラコン特集

secret candy magic 1day 板野友美

secretcandymagic1day_bn730_2 板野友美

FLANMY 佐々木希

flanmy_735_275_05 佐々木希

LUXURY_1day   藤田ニコル

luxury-1day_730x275_01 LUXURY_1day   藤田ニコル
サブコンテンツ

このページの先頭へ